2018.02.20更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院佐々木です。

 

お客様よりカーリングの選手がしているのって

テーピング?と質問頂いたので気になっている

人もいるかと思いブログに書いてみました。

 

 

カーリング日本代表の山口選手が左上腕後面に

つけている水色のテープが今回のものです。

 

カーリング日本代表テーピング

 

院で使っているテープでも水色のカラーテープあったので

質問頂いたようですが、形がなんかちがう!と思ったらしく

不思議だったようです。

 

このテープはコブラクションテープというものになります。

以下が公式サイトです。

CobraXion Tape

 

山口選手のインタビューも載っていたので、サポートを

受けているのだと思います。

山口選手インタビュー

 

このコブラクションテープの特徴ですが、

通常のキネシオテープをウェーブ状に加工してある

ことが挙げられます。

そのことにより、通常のキネシオよりリンパへの

影響が強くむくみや疲労回復に効果的になります。

 

固定するというものではなく、あくまで貼って

筋肉のサポートする、患部の循環を良くして

回復を促すものと捉えてください。

 

 

今回のオリンピックでは、そのほかに

KTテープを使っていた選手も多く

たまに映っているので、そのあたりも注目して

見て頂くと面白いかもしれません。

 

KTテープ

 


 

交通事故のケガやむちうちでお困りの方は佐々木整骨院へ

詳しい内容はHP<交通事故治療>へ

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

2018.02.14更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院佐々木です。

ラグビーをテレビに見ているとき選手の口の中が

カラフルな印象を受けたことはないでしょうか?

これはマウスピースで、たまに赤い選手もいるので、

トレーナーで帯同して遠くからみて出血かと思ったら、

マウスピースの色だったなんてことも・・・。

ラグビーにマウスピース

 

そんなマウスピースの着用目的ですが、

歯の保護、口腔内の裂傷の予防があげられます。

そして、意外と重要なのが相手選手の保護もあげられます。

高校ラグビーではマウスピースの着用が義務付けられています。

 

歯は人体の中では、とても固い組織になります。

コンタクトスポーツにおいては歯と頭がぶつかることも

あり得るため、その場合多くは歯とぶつかった頭がお互い

ケガをすることになります。その防止策としてマウスピース

があります。

 

さらに多いのは、口の付近をぶつけてしまい、口の中を

切ってしまうことです。試合後に食べものを食べようとすると

とてもしみます。そして、ひどい場合だと自分の歯で

口腔内が貫通するなんてことも・・・。自分は2回ほど

ラグビー現場でみたことありますが、マウスピースは

非着用の選手でした。

 

マウスピースをつけるとしゃべりづらいんじゃないの?

と良く聞かれますが、オーダーのマウスピースはかなり

しゃべりやすくなっています。

市販のマウスピースもあるのですが、この場合は

かなりしゃべりづらいです。ただ値段は安いです。

Amazonだと以下の値段です。

 

 

ウエイトトレーニングで使いたいや夜歯ぎしりしてしまう

という場合はこれぐらいのものでも良いかもしれません。

 

ラグビーの場合は、やはりこれだと厳しいので

オーダーメイドになります。

特に高校ラグビーは現在マウスピースの着用義務があるため

必ず作る必要があります。出来るだけスポーツのことを

理解してくれる歯医者さんで作ってもらうと、

しゃべりやすくや口に入れた際の違和感を減らしてくれるように

加工してくれたりします。

 

参考に宮城県歯科医師会のHPでマウスピース(マウスガード)

を作成してくれる歯科医師を紹介しているページを載せます。

こちらに、参考価格が書いてあるのとラグビー協会と書いてある

歯科医院はラグビーを含めスポーツでのマウスピース着用に対して

ご理解があると思いますので、個人的にはおすすめしたいです。

 

宮城県歯科医師会マウスガード情報

 

最近では、サッカー選手や野球選手もマウスピースをつけています。

これは、歯のかみ合わせが良くなることで、力の発揮が向上すると

言われているのが大きいです。

かみ合わせが悪いな、と感じている選手は一度マウスピースの着用

を検討してみるのも一つです。

 

ちなみにオーダーメイドの場合、色を選べることが多いので

お好みの色で作れます。

おすすめとしては、透明より色付きをおすすめします。

これはマウスピースを落とした時透明だと探すのが大変だからです。

さらに言うと、緑だとグランドによって色が被るのと

赤だとたまに血が出ているのじゃないかとトレーナーが寄ってくる

ことがあるのを一応覚えておいてください。

 

 

そんな効果を試す方法として、一番簡単な方法はウエイトをする際

テッシュなど折り畳み重ねて歯でかんで力を入れてみて力を

入れるといつもよりウエイトがあげやすい場合は、かみ合わせが

良くなることでさらに競技力があげられるかもしれません。

 

今回自分がブラサカの試合で2ヶ所ほど口の中を裂傷したので、

今後ブラサカでもマウスピース着用の流れが出てくればいいな~

と感じています。

日本代表選手はマウスピース入れている選手が多いようです。

 

歯や口のケガはプレーには直接関係ないときもありますが、

ダメージが大きいので、マウスピースでしっかり予防しましょう!

 

ブラサカ

 


 

多賀城・宮城野区で身体の事でお悩みなら

お気軽にご相談ください。<佐々木整骨院紹介

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

2018.02.12更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院佐々木です。

 

2月11日に茨城県で開催された

第1回障がい者サッカーコラボフットサル大会「アクア杯」

にコルジャ仙台が参加しました。

会場は、DO Football Prak荒川沖という

フットサル場でした。

DO Football Prak荒川沖

 

 

コラボフットサル大会ということで、フットサルも同日に

行われて会場はかなり盛り上がっていました!

主催の一般社団法人あいずは、同じブラサカ仲間が

運営している団体で、今後もいろいろな活動をしていくと

思いますので、茨城県付近で障がい者スポーツ、ブラサカに

興味がある方はぜひアクセスしてみてください!!

一般社団法人あいずHP

 

 

会場の雰囲気はこちら

アクア杯会場

 

設営が朝の4時半からしていただいたそうで

壁などの準備をして頂いてありがとうございました!

 

ブラサカ会場

 

今回の対戦相手は、一般社団法人あいずのチームでもある

Derroto Saber茨城(デルタサベール)

結成から約1年程度ですが、元日本代表選手やフットサル経験者なども

多く強豪が多い東日本リーグでも活躍している今注目のチームです。

 

そんな、Derroto Saber茨城との対戦。

 

試合展開としては、コルジャ側が攻める場面もありましたが、

茨城の各選手のドリブルやボールコントロール技術がしっかり

している感じでした。動画見て改めてフットサル経験者の人の

足元のうまさを感じました。

 

コルジャ仙台も攻める場面も多くあったので、

試合を見に来ていた観客の方も楽しめたと思います。

 

ちなみに自分は、このような感じでボールをもっているつもりでも、

ブラサカ試合

 

一瞬でボール取られていました!

フットサル経験者の方はやはり足元の技術がうまいな、と感じました。

ブラサカ試合様子

 

試合は、

第1戦 0-1 

第2戦 1-0  と一勝一敗の五分の結果となりました。

 

ただ、茨城の選手の皆さんは会場設営や運営もあったなかでの

試合だったので、本当に感謝の一言です。

 

そして、試合でゴールを決めたということで、

地元のケーブルテレビに選手がインタビューを受ける場面もありました。

コルジャインタビュー

 

 

今回の試合で、来年度から中学生になる小6プレイヤーの

デビュー戦もさせてもらい選手それぞれがいろいろな

経験を積むことができました。

改めて今回大会を運営して頂いた関係者の皆さん

ありがとうございました!

 

 

そして、試合後福島のアルパインローズへ。

このアルパインローズは、サッカー日本代表のシェフの

西シェフがうでを振るうお店です。

アルパインローズ

 

アルパインローズが2月末をもって閉店となるということで、

コルジャ仙台でぜひ行きましょう、となり来店させて頂きました。

店内には、日本代表のユニフォームから関係チームのユニフォームが

ずらりと並んでいました!!

アルパインローズ

 

アルパインローズ2

 

今回頂いたのは、サッカー日本代表も食べているカレー!

試合後に選手たちは疲労しているため、食事が取りづらいため

カレーを少しからめにして食欲が出るように作ってあるそうです。

 

今回コルジャメンバーはほとんどがカツカレー頂きました!

サッカー日本代表のカレー

 

食べてみると個人的にはちょうどよい辛さで、絶品のカレーでした。

これなら2杯ぐらい軽く食べられるな~という感じでした。

 

さらに西シェフの話を聞けるという豪華特典付き!

話の中で大事だと思ったのが、食事の時間とタイミング。

そして、食事のバランスについてでした。

 

運動前の食事は3時間半前に済ませておくこと、

練習や試合後には30分以内に炭水化物、

もしくは1時間以内にたんぱく質を取ることを推奨していました。

もし、30分以内に炭水化物が取れた場合は、

1時間半以内にたんぱく質を取るように準備しているそうです。

 

そして、選手によってグルテンフリーなど行っている場合は、

それに対応するそうですが、「グルテンフリーが良いですか」

と聞かれたら西シェフは「調子どうなの?」というそうです。

つまり、選手個人の感覚や調子が一番大事で、西シェフから

この食事でなければダメ、ということではなく、

良い食事=バランスの取れた食事を提供して、そこからプラス

選手自身に合うものを選んでもらうようです。

 

日本代表選手の場合は、朝に必ず体重・体脂肪などのチェックがあり

それに対して、選手自身が食事量やサプリメントやプロテインを

取るシステムのようです。

 

 

あとは、基本的なことになりますが、PFCバランスが大事とのことでした。

P:タンパク質 約2割

F:脂質 約2割

C:炭水化物 約6割

この考えが基本とのことでした。ただし、お菓子や甘い炭酸飲料などは

完全にダメとのことでした。あくまで良い食事、食べ物を取って

バランスよく食べること、ちゃんとしたタイミングに食事をとることで

身体のリカバリーが出来るという話でした。

 

さらに、日本代表でもカーボローディングは行っているそうで、

その時は、炭水化物8割で、あとは胃腸の消化吸収が良いものを出して

出来るだけエネルギーを蓄えるように準備するそうです。

 

最近はいろいろな理論が出てきていますが、やはり一番大事なのは

基本的なことをまずしっかりやること、これを改めて感じることができた

お話でした。

 

その後は強風吹き荒れる中でしたが、今回も遠征のバスを出していただいた、

安心安全の仙台と言えば仙台中央タクシーの神田専務と部長によって

無事帰宅できました。長時間の運転ありがとうございました!

仙台中央タクシー

 

 

今後もブラサカが盛り上がり、コルジャ仙台がより強いチームになれるように

サポートしていきたいと思います!!

 


 

佐々木整骨院ではブラサカ・ラグビーをサポート中

詳しくはHPをご覧ください→<佐々木整骨院紹介

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891