2017.05.29更新

トレーナーとしても帯同している高校の選手が

ふとももの打撲・ももかんで来院したので紹介。

 

※個人情報保護のため詳細は一部省いています。

施術の効果効能を保証するものではありません。

 

 

高校ラグビー部 3年生 BK(センター)

試合中にライン攻撃していてステップを切って

1人をかわして走ろうとしたら、横から相手選手の

タックルをくらい負傷。

その時は、一瞬痛かったが何とか立てたのでそのまま

試合続行。試合後痛くて膝が曲がらない、力が入らなく

なり来院。

 

この時は試合帯同していなかったので、話を聞いたら

以上のような状況だったそうです。試合後はしっかり

RICEのアイシングと圧迫だけはして、安静にするは

全くなく、そのまま反省の練習があったそうです・・・。

 

患部の状態

歩行痛、荷重痛、膝屈曲90°まで可能、熱感あり

皮下出血班なし、患部の疼痛、圧痛は著明、陥凹なし。

大腿部の打撲・ももかんと判断して施術を行いました。

 

前提として

ラグビー選手の場合はももかんが良くありますので、

以前も何度かなったことはあるそうですが、今回のは

かなり痛かったようです。家でもアイシングなど

しっかり行っていたのですが、膝の可動域が制限されて

いたのと、またすぐに練習入らないといけないということで

出来る限り早く回復させることを中心に対応しました。

 

施術の前の説明として

練習に関しては軽めの運動はOKしましたが、再負傷の可能性が

高いためコンタクト系の練習は禁止しました。また、中心選手で

あるためすぐに練習に入らないと練習自体が出来ないレベルなの

ですが、しっかり治さないとあとでひどくなることを説明。

監督にも了承を頂き治療をしっかりできるようにしました。

 

施術として

ももかんの場合、患部が表層より奥になるため、どれだけ早く

血腫を引かせて患部の血流を良くしてあげるかがポイントに

なると考えています。

打撲系の治療も超音波治療器がやはり有効で、通常より弱い

照射率で長い時間刺激を入れつつ疼痛抑制のため電気治療を

行いました。同時に可動域改善のためストレッチを行いますが、

急激に動かすと負傷部がさらに負傷するので、かなり慎重に

行っていきます。

 

そして、ラグビー部の場合ケガを甘く見ることが多いので

しっかり自分で出来るケアやストレッチなどを説明。

リンパテーピングで患部の血流を良くするすること、

バンテージで患部を圧迫して自分で管理するよう説明。

 

練習夜7時ぐらいで下校するのが7時半なので、遅くなっても

いいから治療くるように指導して数回施術して大きな

問題もなく復帰しました。

ただ、ポジション的に再度負傷する可能性が高かったので、

ふとももを保護するサポーターを購入してもらいました。

 


 

多賀城・宮城野区でスポーツのケガでお悩みなら

お気軽にご相談ください。<佐々木整骨院紹介

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

2017.05.19更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院です。

腰痛や肩こりの肩はよく姿勢が悪いからそうなるんだよ、

と言われているかと思いますが、実際姿勢の良し悪しに

ついて理解している人は意外と少ないと思います。

 

悪い姿勢の代表格として良く言われるのは

猫背ですが、逆に正しい姿勢を説明してください、

と言われると身体をまっすぐにする、

ぐらいしか思い付きませんよね?

 

では、まず身体をまっすぐにする、というのはどういう状態か?

ということについて説明します。

 

人の体は生理的な湾曲があり実際の背骨は

まっすぐではなくS字状にカーブしています。

当院にある1/2スケールの骨格模型です。

 骨格模型

 

この骨に筋肉などが付いた状態が人になるので、

正しい姿勢の定義として用いられるのが

以下の基準です。

ちなみにこれは側面像で横から見た場合です。

 

 

上から耳垂(みみたぶ)~肩峰(肩)~大転子(股関節)~膝蓋骨後面(膝)~外果

姿勢分析

 

上の画像では少し点を取る位置がずれていますが、

正しい姿勢をしている人は上記の点

が一直線上になります。

 

 

そして、姿勢が悪い人は以下のような状態となります。

悪い姿勢

 

この姿勢は膝と腰、首が位置が悪い状態になります。

重いものを背負っているときや年配の方が

こんな姿勢になることもあります。

この姿勢で注目して頂きたいのが、ピンク色の線で

これは重心線になります。

 

重心線はどこに重心があるか表している線で、

この場合は重心が前に倒れている状態になります。

 

そのため、身体の後の筋肉が働いて

前に倒れないようにします。

そのため日ごろから首や腰に負担がかかり、

肩こりや腰痛の原因になることがあります。

 

よく猫背が悪い姿勢と言われて胸をはるように

気を付けている方もいますが、

胸を張りすぎて反り腰の状態になっている方もいるので、

ちょうどよいバランスで立って生活するように

気を付けていきましょう!

 

細かい説明をかなり省いていますが、

まずは身体をまっすぐするイメージを

持てるようにしていきましょう!

 


 

HOME治療について当院おすすめ

腰痛でお困りの方は佐々木整骨院へ

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

2017.05.07更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院は

毎週木曜日午後と日曜・祝日はお休みを

いただいておりましたので、

5月3~5日は3連休でした。

 

そんなわけで、3日は高校ラグビーの練習に参加し、

4・5日は北上遠征に帯同してきました!

 

北上遠征はなんだかんだで4年連続ぐらいで

帯同しているのですが、今回は去年よりいろいろ準備して、

U-18宮城にも持っていったサーノスという

電療器機をもっていきました。

 

持ち運びが便利なことと、ラグビーで打撲や捻挫が多く

対応しやすいので持っていける時は

持っていくようにしていました。

今回は、帯同する部活の方でもいろいろ持っていく

ということで、院から持って行ったのは

治療系の道具がメインでした。

遠征準備物

 

毎年高速が渋滞していたり、交通事故で通行止めなど

あったのですが、今年は出発時間が遅いためか渋滞や

交通事故を見ることもなくスムーズに会場に到着できました。

 

会場は岩手県北上で、「第8回東北高校交流大会」という大会で、

東北6県をはじめ北海道などからもチームが集まり

試合を行っていました。

出場チームは花園出場校なども参加しているので、

試合を見るだけでも大変勉強になりました。

会場の様子はこのような感じで、

自チームの一日目は和賀川グリーンパークで試合しました。

和賀川グリーンパーク1

和賀川グリーンパーク2

試合中に一人選手が肩を痛めていたのですが、

そのままプレーを続行していたため試合後に確認したら、

鎖骨骨折でした。。。よくこの状態でプレーしたな、

と感心しました。

ちなみに自分が鎖骨折った時は痛くて

うずくまっていましたので、

この選手の根性は相当だと思います。

 

そんなこともあり、2日目は15人ちょうどで

試合をしてきました。2日目は北上運動公園で

天気も良くグランドも最高の状態でした。

前日に続き格上の相手でしたが、

少し通用する部分を感じることが出来たのと、

全く歯が立たない部分を選手たちが感じることが

出来たようなので今後に活かしてくれれば、と思います。

北上運動公園

 

今回は、いつもあるような打撲や捻挫のほかに

骨折と裂傷があったので、自分自身もっと勉強してスムーズに

対応できるように再度勉強しなければと考えさせられる遠征となりました。

5月下旬からは高校総体が始まるので、

鎖骨骨折の選手は出場が無理ですが次の大会までに

パワーアップをさせることと、

出場できる選手のコンディショニングや

サポートなどをしっかりしていきたいと思います!


 

佐々木整骨院ではブラサカ・ラグビーをサポート中

詳しくはHPをご覧ください→<佐々木整骨院紹介

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891