2017.10.30更新

KTテープ

10月28・29日と

KTテープというキネシオテープの

セミナーに参加してきました。

 

1日目はBASICで、

KTテープの機能や特性、基礎的な貼り方を、

2日目はADVANCEで、

臨床応用として実技をメインに

勉強しました。

 

 

そもそもKTテープってなに?という説明から!

KTTAPEは、アメリカのKTHealth社が販売する

世界シェアNo1のキネシオロジーテープです。

2008年からKTTAPE(コットン素材)の販売をスタート。

その後、2012年から世界初100%合成繊維の

KTTAPEPROを販売。

世界70ヵ国以上で販売され、多くのトップアスリートたちに

愛用されています。

 

特徴として、

・すぐれたサポート力

・より強力な粘着力

・持続性が大幅アップ

・合成繊維100%のマイクロファイバー

・簡単に腫れるプレカットタイプ(25cm)

 

以上がセミナー資料からの引用です。

 

1日目の内容はほぼ座学です。

一番大事だと思ったポイントは、

KTテープとキネシオテープの違いです。

 

そもそもキネシオテープってなに?を

かなり簡単に言うと伸びるテープです。

細かく解説すると、筋肉の収縮率を同じぐらいの

テープでカイロプラクティックの権威である

加瀬建造D.C.が開発したものが始まりです。

その後、各メーカーがそのような概念を取り入れ

開発したものがキネシオテープという

伸びるテープだと思ってください。

 

ちなみに、キネシオテープのキネシオとは

キネシオロジー(Kinesiology)で人体運動機能学に

由来します。

 

以上のことから、KTテープもキネシオテープの

一種ではありますが、通常のキネシオと違う点が

最初に記載した内容になり、とくに重要な点が

合成繊維100%のマイクロファイバーであることです。

そのため、水泳など水にぬれる場面でもKTテープは

使うことが多いようです。

 

貼り方は、KTテープJAPANのサイトにありますので

自分で貼りたい方は参考にしてみてください。

 

セミナーで膝に貼った様子です。

KTテープセミナー

 

貼る際のポイントとしては、

キネシオテープとの共通で、

・貼り始めと終わりは伸ばさない

・筋肉をサポートしたい場合は収縮方向に沿って貼る

上記はキネシオテープでも同じだと思います。

 

KTテープとキネシオでも同じ考えを使う時ありますが、

・関節や筋肉をやや伸ばした状態で貼る

・筋肉に貼る場合は、テープを10~20%伸ばして貼る

・関節や靭帯に貼る場合は、テープを30~50%伸ばして貼る

以上が明確に数字としてセミナー資料に記載されていました。

 

自分でKTテープを貼りたいという方は以上の点を守って

貼って頂くことでKTテープ本来の良さを十分に感じて

頂けると思います!!

 

そして、個人的にKTテープが現在世界シェアNo1になった

理由として感じたのは、テープの効果もさることながら、

選手自身でも貼り易い点になると思います。

テープが25cmにカットされていること、

そして、貼り方をある程度決めてネットでも見れること

その手軽さが受け入れられたのかな、と思いました。

さらにカラーバリエーションと貼っていてもかゆくなりづらく

サポート力も良いように感じました。

 

 

文章がまとまりきらなかったのですが、

KTテープやキネシオテープについてなど

今後も書いていきたいと思います。

 

KTテープの種類

 


 

多賀城・宮城野区でケガでお困りの方は

お気軽にご相談ください。詳しくはHP<HOME>へ。

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

 

2017.10.23更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院佐々木です。

症例のご紹介です。

むちうちの後遺症

 

 

※個人情報保護のため詳細を省いている部分があります。

また、施術の効果効能を保証するものではありません。

 

 

60代女性、半年前に交通事故で負傷。

整形外科にて頚椎捻挫(むちうち)と診断され治療を

半年受けていたそうです。同時に股関節の痛みもあった

そうで治療を受けたそうです。

 

詳しくお話を聞くと、当初は、痛み止めの注射をしてくれた

そうですが、途中からそれもなくなり、湿布と痛み止め、

ウォーターベッドにのるだけの治療になったそうです(本人談)。

そのため、他の病院や整骨院への転院を希望したそうですが、

「どこへ行っても変わらないから」と言われたためそのまま

ウォーターベッドの治療を続けたそうです。

 

半年がたったころ整形外科で、治癒したと診断され、痛みが

あったものの治療が終了となり、当院へご来院。

 

対応

初期の交通事故の場合だと自賠責保険の適応で自己負担がなく

治療できるのですが、すでに治癒したという診断を受けていること

慢性的な状態になっているということで、自費での治療で全身を

見させて頂くことになりました。

当院の場合、全身の治療で初回3,000円、2回目以降2,000円頂いて

いますが、痛みが取れれば何でも良い、とのことでした。

 

状態

頚部の回旋痛、前後屈痛など可動痛が著明。

頚部に硬結部(損傷して固くなった部分)がありその点に圧痛。

股関節も最大屈曲痛、外転、内転痛があり、荷重痛あり。

中殿筋部に硬結部がありその点に圧痛。

 

施術内容

トリガーポイントという考えのもと、頚部は硬結部と可動域の改善を

メインに初期施術を行いました。6か月目の患部ということもあり、

損傷部が固いため、超音波治療器で患部に熱を加えてスマートツールで

再度微細損傷を加え回復を図りました。

中殿筋部は手技療法による治療で、硬結部にアプローチ。

 

初回の治療で、多少可動域は改善するも可動痛は残存。

週2回の治療を1ヶ月続けて、頚部の硬結部、可動域の改善と中殿筋の

硬結部の改善が見られました。

 

季節の変わり目ということと、寒い日があると痛みが出るということで

2か月目からは施術のほかにセルフケアでストレッチや筋トレの説明を

行いました。

 

交通事故のケガは今回のように長引くこともあるので、出来る限り早めに

治療をしっかり受けることをお勧めします。今回患者さまが行った整形外科は

個人的に評判が良いと聞いていたのですが、交通事故の場合レントゲンで

異常が見られなかったためそのような対応になったのかとも思っています。

病院や整形外科が合わないや、早く治したいという時は接骨院、整骨院への

通院も可能ですので、その際は保険屋さんに相談するかお気軽にご相談ください。

 


 

交通事故のケガやむちうちでお困りの方は佐々木整骨院へ

詳しい内容はHP<交通事故治療>へ

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

2017.10.19更新

バイクで転倒してしまった患者さまが

ご来院されました。

 

 

夜間道路をバイクで走っていた際

縁石に乗り上げてしまい転倒。

家で様子を見るも痛みが強いため

当院に来院されました。

 

症状として、前腕部の痛み、手関節の

可動痛で、疼痛、圧痛、軸圧痛、

手関節の可動痛とともに回内・回外痛も

ありました。

骨折時に見られる骨の変形や異常可動性、

限局性圧痛は見られませんでした。

 

転倒する際に頭部を守るため腕をだした

とのことで、厚着をしていたため患部に

擦過傷などはなく腫脹、熱感は軽度でした。

 

 

 

骨折時には、骨が折れた音を本人の方が感じる

ことが多いのですが、バイクで転倒したこともあり

特にそんな感じはなかったとのこと。

しかし、痛みや可動痛、軸圧痛の著明さがあるため

骨折を疑いました。

すぐに病院に行けるということで紹介状をだして、

三角巾でうでをつる処置をしました。

 

そして、翌日確認の電話をするとやはり折れていた

とのことで、固定と投薬をしてもらい症状は落ち着いて

いるようでした。

 

 

今回はバイク事故で転倒だったのですが、

今年に入ってラグビーを含めると5件ほど骨折を

見ているので、今後もしっかり対応できるように

していきたいと思います。

 

という自戒の意味も含めた報告ブログでした。

 

そして、夜間暗くなるのが早くなってきたので、

交通事故には十分お気をつけください!

 


 

交通事故のケガやむちうちでお困りの方は佐々木整骨院へ

詳しい内容はHP<交通事故治療>へ

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891