2017.11.29更新

多賀城市高橋の佐々木整骨院佐々木です。

 

自分の足のサイズを正確に知っていますか?

というのが本日のお題です。

 

当院ではスポーツインソールを扱っているため

スポーツ選手などに説明して販売しているのですが、

フィッティングすると良い感じですが、

そもそも足のサイズを知らない選手が多い!

 

そんなわけで、買っちゃいました!!

足測定器

簡易足計測器 足守!

もともと日本の足のサイズはJIS規格によって規定されています。

JIS規格とは、ご存じの方も多いと思いますが、

日本工業規格のことで、この基準に沿って日本メーカーは靴を

作っています。

 

海外だとインチだったりS~Lなどあったりする感じです。

 

JIS規格での足のサイズですが、

・足長

・足囲

・足幅

の3つのうち

・足長と足囲 または

・足長と足幅

で計測されます。

 

足長と呼ばれるものが、皆さんが一般的に使っている

靴のサイズで25cmなど0.5cm刻みで表現されます。

 

足囲とは、ワイズとも呼ばれ足の親指の付け根から

小指の付け根をぐるっと一周回って測った周囲のことです。

 

足幅は、親指側から小指側までで一番広い所を測ります。

この足囲と足幅はA~Gで表され

A狭い  ←   → 広いG

という形になります。

あくまで目安のためのサイズになるので、

狭い広い、普通だから良いとかではないと思ってください。

 

足のサイズ

 

実際自分の足で測ってみました!

お見苦しい足ですいません・・・。

 

右足は細かく書いて、

 

足長は、非荷重時24cm 荷重時24.2cm

 

足幅は、非荷重時94mm 荷重時96mm でした。

足幅をA~Gで表すと、非荷重時はD 荷重時はE となります。

 

非荷重時とは、座ったりした状態で測ったもので、

荷重時は立っている状態で測ったものです。

 

ちなみに左は荷重時足長24.5cm 足幅100mmのEEでした。

結構左右差あります(笑)

 

足のサイズは、朝と夕方では変わると言われています。

夕方の方が足がむくみ大きくなると言われているからです。

 

そのため選ぶ際は、そのシューズを一番使っている時間帯に買うことを

おすすめしますが、以下の点に注目することをおすすめします。

 

・そのシューズを使う時間帯に測る、または合わせる。

・そのシューズを使う目的。

・そのシューズを使う時に履いている靴下やソックス。

 

以上をポイントにしてもらうと良いと思います。

つまり、用途に合ったシューズ選びと実際使う時を想定して

選んでください、ということです。

 

ちなみに、シューズを買う際に良く足のサイズより大きいサイズ

選んだ方がいいですよ、と教わったりしませんでしたか?

自分がそうなのですが、あれは正しくもあり、間違えでもあって、

シューズを履いてかかとを合わせた時、つま先に約1cmほど

遊びがあるのが理想と言われていることから来ています。

 

この遊びのことを「捨て寸」と呼ぶそうです。

そして、この「捨て寸」多くのメーカーではもともと作って

サイズ表記しているため、必ずしも元々あるサイズに1cm足して

選ぶ必要がないということになります。

 

さらに、靴やシューズの材質により伸びるや縮むことがあるため、

靴ひもも一度しっかりしめて立ってからシューズを選びましょう!

 

さらにさらに、ある靴下メーカーに問い合わせたところ、

靴下をはくことで約0.5~0.8cmほどサイズが

変わるかもしれない、との回答がありました。

 

問い合わせに聞いたのソックスはランニング用で、

それなりに頑丈なものでもあったので、そのぐらいでしたが、

モノによってはさらに薄いものや厚いものもあるかもしれません。

そこを考慮するとぜひ実際履くソックスを履いて

試し履きをしてみてください。

 

つまり、靴やシューズのサイズは

足長・足幅 + 使用時に履くソックス 

を考慮したサイズが適正ではないかと考えます。

 

サッカーやラグビーなどは下腿部の保護のため

厚めに出来たソックスもあるからです。

 

そして、総合的にみて、自分は普段25cmのシューズを

履くことが多いのですが、意外と理に適う選択をしていた

ようです。

 

そんな、ややこしいことを考えて靴やシューズを買うことは

あまりないと思いますが、しっかりあっていないと

足のトラブルになります。

 

そんな時に微調整できるのがインソールになりますので、

足のトラブルでお悩みの方はお気軽にご相談ください!!

という宣伝のためのブログでした!

 


 

多賀城・宮城野区で足のトラブルでお悩みの方は

お気軽にご相談ください。<スポーツのケガやよくあるお悩み

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

 

 

2017.11.12更新

陸上選手が大腿骨の疲労骨折をしてその後

競技復帰したものの逆足のシンスプリントに

なった症例です。

 

※個人情報保護のため一部詳細を省いています。

施術の効果効能を保証するものではありません。

 

対象

陸上部男子 高校1年生 長距離専門

 

初見時

3ヶ月ほど前に大腿部近位部の疲労骨折をして

そちらはほぼ痛みがなく整形でも運動OK出ている

状態。

最近本格的に走り始めたら逆の脚の下腿部が

シンスプリントになった、とのこと。

 

症状

下腿部の脛骨内側部に圧痛、可動痛、ストレッチ痛あり

熱感、腫脹もややありで少しひどい感じ。

運動前に少し痛みがあるが身体が温まると痛み減少。

その後練習後には痛みが激しく出始めたため来院。

 

大腿骨の痛みはほぼないが違和感があるとのこと。

MMTなどを行うと筋力の左右差あり。

特に内転・外転動作で左右差が著明。

 

対応

本人に話をして、基本的には練習禁止の説明。

大腿骨疲労骨折から復帰しているが、リハビリなどは

なくすぐに本練習参加しているとのことで、出来るだけ

身体を戻してから本練習に参加するように説明。

 

左右の脚の筋力の差と度の筋力が落ちているかを説明。

 

以上、ほぼ説明が多かったのですが、まずはしっかり

自分の状態を把握してもらうことにしました。

 

また、以前疲労骨折していることもあり、身体の回復が

間に合っていないことも考えられるので、しっかり休養と

栄養を取るように話。

 

真面目なタイプなのでなかなか練習を休みたがらないのですが、

休まないと痛め続けるだけなので、なんとか説得して

身体を良い状態に持っていければ、と思います。

 

ただ、動ける運動や体力が落ちないような運動指導も大事なので、

選手の考えも聞きながら施術にあたっていきたいと思います。

 


 

多賀城・宮城野区でケガでお困りの方は

お気軽にご相談ください。詳しくはHP<HOME>へ。

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891