2018.03.07更新

最近来院されている患者様でもともと膝の

OAがあり腰を痛めた患者様のご紹介。

膝の痛み 

 

※個人情報保護のため詳細を一部省いています。

施術の効果効能を保証するものではありません。

 

70代後半 女性

70代前半に膝のOAと整形で診断を受ける。

手術を勧められるも怖いということで受けず

そのままでいた。

 

その後、とある接骨院に2年ほど通ったが

接骨院が辞めてしまったのでどこも行かなくなった。

この時は、痛みはあるもの動けていたそうです。

 

最近、歩いていたら再度痛みだし来院。

膝自体にやや熱感と腫脹あり。OAはかなり強く

左右差も著明。左がとくにひどい状態。

腰も痛いようで左がやはり痛いとのこと。

 

よくよく見させてもらうと左足趾の外反母趾があり

以前なにか治療を受けたか聞いたところいままで

受けたことはないとのこと。

 

膝のOA自体は正直どうしようもないので、

炎症の軽減を目的とした治療と同時に筋トレを提案。

さらに、外反母趾により足に母指部分にまめができて

痛いとの話もでてきたので、やはり外反母趾も治療が

必要と判断。

外反母趾を軽めにテーピングで矯正。

 

次に来院した際、外反母趾とぶつかっていた部分は

楽になったとのこと。膝と腰はまだちょっとつらい。

 

治療と同時に外反母趾へのアプローチとインソールを

入れて歩きやすくすることを提案。

 

現在様子を見ていますが、歩行は楽になったとのこと。

 


 

多賀城で腰痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

詳しくはHPをご覧ください→<HOME

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

 

2018.03.01更新

肘を痛めたため来院されたかたの症例報告です。

 

肘の痛み

※個人情報保護のため詳細は省いています。

ま施術の効果効能を保証するものではありません。

 

70代男性でもともと林業関係でなたなどを使っていたそうです。

仕事を辞めて家で趣味で木をきったりしていたとき肘を痛めて来院されました。

 

以前、仕事をしていたときはなたを問題なくふるっていたそうですが、

今回使ったら痛みがでた、とのこと。

 

 

患部は肘の内側部、肘頭部、前腕外側に痛みがありました。なたをふる動作が

肩間接の内外旋があり、肘にひねりがはいり痛みがでたと考えました。

また、肘自体がもともとの仕事で使いすぎたのか変形もありました。

 

 

熱感、腫脹、動作痛があり変形による可動域制限がある状態でした。

当初は熱感と腫脹の炎症反応の軽減と動作痛のため超音波治療と同時に

ハイボルテージでアプローチしました。

可動域制限に対しては手技療法とIASTMのスマートツールでアプローチ。

 

施術を最初は毎日行い、三日目である三回目の制限では炎症反応が消失し、

動作痛は軽減しました。

 

可動域制限はやや改善したものの、変形があるため曲がる限界がありますが、

筋肉による可動域制限もあったためもう少し可動域をあげる施術と、

筋トレの指導をしてより良い状態へ持って行きたいと思います。

 


 

多賀城で肘の痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

詳しくはHPをご覧ください→<HOME

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

 

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891