2017.08.21更新

トレーナーとして帯同している高校ラグビー部の

選手が足首を捻挫して来院されたので症例のご紹介です。

 

足首の捻挫 

 

※個人情報保護のため詳細を一部省いています。

施術の効果効能を保証するものではありません。

 

 

高校生 男性 2年生

ポジションFW(ロックなど)

 

 

ケガの状況

ラグビーの試合でラックサイドでFWがラッシュしていた際

細かくドライブしていて相手選手に足に乗っかられたまま

さらに相手選手がタックルしてきて右足関節を捻る。

 

 

ケガの状態

足首外側(外果)の前距腓靭帯、踵腓靭帯部に圧痛、

後距腓靭帯部には圧痛なし。腫脹、熱感、皮下出血班有。

ただし内側(内果)下方にもやや圧痛があったため

強く内返しされたと考えられます。

前方引き出しで動揺性はあるものの著明ではないため

Ⅱ度損傷と判断して施術開始。

 

 

施術内容

腫脹と熱感があるため軽減のため超音波治療器で

長めに刺激を入れて修復反応を促進させる。

疼痛軽減のためハイボルテージを同時にかける。

足趾の運動で疼痛は無いため、早期回復のために

運動療法を行い血流促進を促す。

部活は1週間は安静にして、通院するように指導。

キネシオテープでリンパテープと可動域制限をかけ

自着テープで圧迫固定。

自着テープは自分で外したりつけたりできるので、

家で落ち着いている時はアイシングの指導と

指を動かすように指導。

 

2日目

圧迫固定をしていたため腫脹は軽減。

熱感はまだあるが歩行は固定していれば楽とのこと。

前日同様の対応を行う。

 

3日目~6日目

症状は当初の予想通り軽減。

歩行痛も軽減したので、4日目に自着テープはなくして

キネシオテープで少し可動域をだす。

皮下出血班もほぼ消失。痛みのない範囲で4日目から

足首のアイソメトリックトレーニング開始。

指の運動は引き続き行う。

 

7日目、日曜日で院が休みのため治療なし

 

8日目

歩行痛はほぼなし練習したいとの話がでるが痛みが

確実に出るため基本的には休むよう話をする。

ただ、ラグビー選手の場合はこれでも絶対無理をするので、

やるなら足首をしっかり固定して最低限負担がかからない

ようにして練習をするように説明。

コンタクト系の練習は禁止でステップも禁止の話をする。

 

9日目

練習をしたようで、やはり痛かったとのこと。

でも出来ました、と・・・。ラグビー業界のおかしさを感じる。

練習後のため足首は熱感あり。最大伸展で痛みあり。

運動療法と足首の調整、バランストレーニングなどを追加。

本格的に練習をしようと考えているようなので、

マネージャーにホワイトで巻いてもらえるように指示。

 

10日目

練習を本格的にしたようで来院せず。

 

11日目

ホワイト巻けばいけました、とのこと。

でも痛いです、と笑っていうラグビー選手。

いろいろ施術して痛みは軽減するも練習してしまっているので

回復が遅くなる説明。ただ、自分もこんな感じで練習していたのは

確かで、その後大人になってから足首痛くなることがある説明。

練習参加するときはホワイト固定を継続するように話す。

 

12~14日目

練習して来院せず。

 

15日目

歩行痛はなし、走る時に痛みあり。

教えていたキネシオテープの巻き方でなんとか練習は

やっていました、とのこと。

ステップ時の痛みと相手を押し込む時痛みがあるということで、

足首のアライメント調整と内反がさらにしづらいようにテーピング指導。

 

その後

飛び飛びで来院してトレーニングの指導などを行い2か月目には痛み

なく練習を行えるようになりました。

 


 

 

宮城野区で足の痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

詳しくはHPをご覧ください→<HOME

<住所>〒985-0853多賀城市高橋2丁目14-15

<電話>022-766-8891

<営業日・受付時間>

月~土 午前9:00~12:00 14:30~19:30

木 午前9:00~12:00

<休み>

木曜午後・日曜・祝日

 

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891