コンタクトスポーツで多い膝のケガについて

膝のケガは自然と治るの?

相手との接触があるコンタクトスポーツ、ラグビー・サッカー・バスケなどで多いと言われている膝のケガ。日常生活でも階段を上っているときに階段を踏み外したり、段差につまづいてしまってケガをすることもあります。

脚のケガ全般に言えることですが、人は直立二足歩行のため何かしら荷重がかかるため脚のケガは安静を保ちづらいため治りづらいと言えます。

膝の構造とは

 
 

画像は膝の構造を前・後ろ・上から書いているものです。※画像は書籍「ボディ・ナビゲーション」より引用。

膝の支持機構として、筋肉のほかに、靭帯、半月板があります。

筋肉は、大腿四頭筋やハムストリングスなどいろいろな筋肉が膝の動きにかかわっています。
靭帯は4本あり、前十字靭帯(ACL)、後十字靭帯(PCL)、外側側副靭帯(LCL)、内側側副靭帯(MCL)があります。他にも支持している靭帯があるのですが割愛します。
半月板は、外側半月板、内側半月板があります。

筋肉は、膝の曲げ伸ばしに関与して、靭帯はその動きの方向性や過剰に動くことを制御し、半月板は骨と骨とのクッション剤として機能しています。

膝のケガで多いのは靭帯と半月板の損傷

膝のケガで多いのが前十字靭帯(以下ACL)です。ACLは下腿骨と大腿骨を繋ぐ靭帯で、骨が前方に行くことを制御しています。
そのため、コンタクトスポーツでは相手との接触などの外力が加わった時、ノンコンタクトでは、ジャンプの着地や急な方向転換でも損傷することがあります。もしACLの完全損傷の場合は、膝がずれた感じや音がすることがあり、立つことが困難になります。

ACL損傷の際は同時に、半月板や内側側副靭帯の損傷も起きることが多いです。

複合的な損傷は、コンタクトスポーツで踏ん張っている脚や軸足に対して、相手からの接触により膝に外反と回旋が加わったときに発生しやすいです。また、女子の選手でニーインという膝が内側に入る状態でプレーしている場合もケガのリスクが上がります。

膝をケガして初期対応のRICE処置とは

急性のケガの場合は基本的にRICE処置を行います。患部の安静を保つこと、冷やすこと、圧迫すること、挙上することを行ってください。

膝のケガのRICE処置では、ケガ人を楽な姿勢で寝かせて、安静にしてアイシングをしていきます。寝るのが困難な場合は椅子に座らせるのも一つですが、出来れば患部を心臓より高くしたいので、寝てもらう方が処置は楽です。膝を軽く曲げた状態で圧迫と固定を行い、アイシングを継続します。受傷後は出来るだけ膝に荷重がかからないように、松葉杖を使用するか誰かの肩を借りるなどして移動するようにしましょう。

前十字靭帯の完全断裂の場合は自然治癒は望めないので、整形外科など大きな病院で検査と治療を受けることをおすすめします。

RICE処置については詳しくはこちらのページをご覧ください。

ケガの初期処置のRICEについて

膝の靭帯損傷でラグビーの場合は・・・

ラグビーの世界はかなり特殊なので参考に書きます。

ラグビーではさまざまなケガがありACL損傷も良くあります。そして、完全断裂している選手が普通にプレーしていたりします。これは、本来手術を受けるべきなのですが、手術を受けると約半年ほどプレーが難しいため、最終シーズンなど特殊な場合頑丈な装具(サポーター)やテーピングをしてプレーをしています。

ACLが断裂したままプレーするリスクとして、関節の不安定性があり、膝に力が入らないや急な方向転換が出来ない、他の部分の損傷(特に半月板)があげられます。トレーナーとして関わる際は、本人の意思確認と病院での許可をもらって最大限リスクを減らしてプレーすること、出来る限り筋力トレーニングをすることを指導してプレーさせることもありますが、かなり特殊だと思ってください。

当院ので治療方法

膝の損傷度合いをまず徒手にて検査していきます。整形外科などの病院と違い整骨院ではレントゲン撮影などが出来ないので、手による検査となります。筋肉や靭帯、半月板の損傷度合いを見て当院で対応可能な場合は治療を行っていきます。損傷度合いが高い場合は、必要に応じて整形外科などの病院をご紹介させて頂きます。

対応可能な場合で、腫れがある場合はアイスマッサージや超音波治療を行い、痛みに対してはハイボルテージで軽減を図ります。患部の症状が落ち着いている場合は、痛みのない範囲での運動療法を行い、膝周りの筋力強化と維持を図ります。また、テーピングにより腫れの軽減と患部の固定を行っていきます。

競技復帰の際は、再発防止のためサポーターやテーピングをしての活動と継続した筋力トレーニングなどのアドバイスをします。

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891