良い姿勢について解説

正しい姿勢とは?

正しい姿勢と良く聞きますが、正しいの立位姿勢の基準は以下です。

身体を横から見たときに、耳垂(耳たぶ)-肩峰(肩)-大転子(股関節)-膝蓋骨後面(膝のお皿付近)-外果前方(外くるぶしの前)の点が垂直線上にあるのが良いです。画像に引いてある黄色い線がこれらの点を繋げた場合の線で、良い姿勢になるように意識して立っているため、多少ずれていますが、一直線上になっています。

もう一つは画像はありませんが、後ろから見た場合に後頭隆起(首の付け根)-椎骨棘突起(背骨)-殿裂(お尻の中心)ー両膝関節内側の中心(両ひざからの中心)ー両内果の中心(両内くるぶしからの中心)これらの点が垂直線上にあるのが良いです。

これが正しい姿勢の目安となります。体型などにより多少ずれることがありますが、これが基準となっています。

猫背とは?

画像は猫背の姿勢を大げさにして撮影した画像です。猫背は別名「円背」とも言われ、単純に表現すると背中が丸くなっている状態を指します。前記の正しい姿勢と同じく姿勢の目安の点を繋げた場合、すべてズレているため青線を重心線と仮定した場合バランスが前方に行っています。

脊椎(背骨)はもともと弯曲しているのですが、猫背の場合は本来の弯曲とは違う形になります。脊椎の本来の弯曲とは、頚椎が前方に、胸椎が後方に、腰椎が前方に、仙骨が後方に弯曲する形をとっており、緩やかなカーブを描いてバランスをとっています。一方猫背の場合は、胸椎部分が本来より大きく後方へ弯曲しています。そのため頭が大きく前方に出る形となり、重心も前方に移動するため、頚部から背中、腰の筋肉に大きな負担となります。そして、猫背の多くの人は、身体が前に倒れないようにするため、膝を少し曲げた状態で立つことが多く、常に身体の筋肉を使っている状態になります。

以上のようなことから、猫背が身体に負担をかけて、肩こりや腰痛の原因と言われる所以です。

胸を張りすぎも良くない?反り腰について

猫背の人は良く胸を張れとアドバイスを受けるかもしれませんが、これは正しくもあり間違えでもあります。

それは、画像の通り胸を張りすぎると反り腰という状態になるからです。反り腰とは腰痛の前弯が通常よりも大きくなっている状態で、出っ尻と呼ばれることもあります。ヒールを履く女性やスポーツ選手にも見られることがあります。

ヒールを履く女性の場合は、重心が前方に傾くため、お尻を後方に出して腰椎の弯曲を強くすることでバランスを取ります。

スポーツ選手の場合は、腸腰筋や股関節周りの筋肉が過度に緊張してしまうことで起きることが多く見受けられます。

どちらの場合にしても腰に大きな負担がかかるため、正しい姿勢を目指すことをおすすめします。

正しい姿勢になるためには?

正しい姿勢になるためには、まず自分の姿勢がどのような状態か把握することから始めましょう。

簡単なのは、リラックスした状態で誰かに横から写真を撮ってもらいましょう。そして、ご自身の姿勢を見てみてください。そして、自分が今どんな姿勢になっているか見てから、今度は正しい姿勢にチャレンジして再度写真を撮ってもらいましょう。

それで、改善するようでしたら、意識しだいで良い姿勢を取れるということになります。もし、取れない場合は根本的な改善が必要になります。

改善方法としては、単純に普段から正しい姿勢を意識すること、硬くなっている筋肉は柔らかくする、弱くなっている筋肉は強くすることで改善できます。簡単に言うならば、硬いところはストレッチをして、弱くなっている筋肉は筋トレをするということです。

ぜひ挑戦してみてください!

1人で姿勢改善するのは不安な方は

姿勢について書いてみましたが、それでも姿勢改善に対して不安があるという方は、佐々木整骨院へお越しください。

あなたの姿勢を分析して、今身体がどういう状態か説明して、必要なストレッチと筋力トレーニングのアドバイスを行います。長年続く肩こりや腰痛の悩みも治療しながら姿勢を良くすることで、根本的な改善を目指します。

ただし、姿勢矯正は一回やれば良くなるものではないので、継続して行っていただける方、ご自身でもストレッチやトレーニングを行っていただける方を対象に行わせて頂きます。

姿勢が悪いと見た目の印象も悪くなるので、ぜひ良い姿勢になって日常を過ごしていきましょう!

 

姿勢猫背矯正 1回3,000円 4回コース10,000円

ご質問はお電話かお問合せフォームからお気軽にどうぞ!

ご相談はお気軽にお子様連れも大歓迎です! 住所 〒985-0853 宮城県多賀城市高橋2-14-15 受付時間 月~土 9:00~12:00 月~土 14:30~19:30 休診日 木曜日午後・日曜日・祝日
  • bottom_tel.png
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合わせ
022-766-8891